これからは主婦のキャッシングが厳しくなる時代になる

これからは主婦の借入が厳しくなる時代になる。というのも2010年の貸金業法の改正にて、「総量規制」が施行されたためだ。

貸金業法とは貸金業者の融資方法を制定した制度である。内容としては、出資法の引き下げによる過払い金の廃止、一定額以上の融資に関しては収入証明書の提出義務などが設けられ、消費者にとっても影響のある内容になっている。

ただ、その多くは債務者にとっては嬉しい法改正になったのだが、一点だけ良い改正とは言いきれないのが総量規制についてだ。総量規制とは、貸金業者からの借入れ総額を年収の3分の1にまで制限したものである。

具体例を見てみると、年収300万円の人が貸金業者から借りられる金額の総額は100万円まで、年収500万円の人が借りられる金額の総額早く160万円程度までとなっている。ということは年収が少ない人であると、キャッシングで借りられる金額にかなりの制限ができてしまうということになる。さて、ここでの問題点は主婦だ。

正社員として働く主婦は少なく、その多くはパートである。さらに、専業主婦という人だって少なくはない。そうなると、キャッシングにて多くのお金を借りられないどころか、借りることすらできない事態も起きてしまう。


主婦にキャッシングなんて必要ないんじゃないかと言う声もありそうだが、実はキャッシング利用率で言うと、主婦のキャッシング利用率が最も多い。買い物など私欲のために利用する人もいるが、主婦のキャッシングの多くは生活費の工面、公共料金の支払い、教育費などのためなど家族のための借入れをしているようだ。それなのに借りる事が出来ないとなると、闇金の流れる主婦が出てきてもおかしくはない。


これは危険な問題であるのだが、しかし、まったく対策がないわけでもない。主婦のキャッシング問題を解決するためには、「配偶者貸付」を利用するという手がある。配偶者貸付とは、夫の収入を信用に審査してもらい、キャッシング契約をするというものである。これによって夫に内緒で借入れをすることはできなくなったが、元々、夫の収入で生計を成り立たせているのだから、今までの主婦のキャッシングの有り方を改めてみる良い時期として捉えよう。また、総量規制は本来、多重債務者を生まない目的で施行されたので、主婦を守る法律でもあるという事を理解したい。今後は主婦のキャッシングに対して厳しい面もあるが、今まで以上にお金に対して正しい価値観を持って生活をいくべきだろう。