急な出費が重なった時

急な出費が重なった時がありました。結婚式や友人の誘い等、断るわけにもいかず大丈夫だろうと考えていたら生活費が全く足りない事に気がつきました。

いい歳なので親族に頼る訳にもいかず、友達から借りるのも関係がギクシャクするのも嫌なので他の方法を考えました。インターネットで調べていくと「初めてのキャッシング」という言葉が目に付き、すぐさまこれだと思い無人契約機へ直行しました。

初めてキャッシングを利用するので少し不安はありましたがそうは言っていられません。勿論、誰にも知られたくないので無人契約はプライバシー的に最適と思いましたが、キャッシング自体が初めての体験なので機会が相手という事にも不安がありました。

その時は身分証明書だけでその他は何も持っていかず、今考えれば慌てていたと思います。到着し不安な気持ちを抑えて中へ入って行ったのを覚えています。しかし実際始めてみるとスムーズに進んでいき、聞きたい事があれば受話器できちんと対応してくれるので安心しました。約2時間ぐらいで審査が終了し即日でカードが発行されて非常に満足でした。

キャッシングを初めて契約する時誰しもが不安に感じるのは当たり前です。キャッシングでお金を借りるのです。


給料は手取りで15万円と決していい収入では無いので今でも利用し続けています。キャッシングに慣れてくると、すぐに頼ってしまってるのが現状です。初めて返済を行った時に気づいたのですが、あくまでお金を借りているのだなと感じました。カードで自分のお金を引き出すかの如く使っていた時期もありました。

期日に確実な返済を心がけ、余裕がある時は千円でも多く返済するようにしています。コンビニ等で返済すると提携をしていないと手数料が掛かってしまうので、無人契約機に行って返済しています。しばらく返済を続けているとキャッシング会社から連絡があり、返済をきちんと期日通りに続けているのでキャッシング枠を増やす事ができると連絡がありました。

キャッシング会社さんは商売とはいえ、審査をして私を信用して貸してくれているのです。その信用を失わないようにする為には、確り期日に返済する事だと感じました。ただの言い回しだったかもしれませんが、正直その連絡を受けた時嬉しかったのを覚えています。枠が増えた事では無く、信用状態が良好という事にです。今でも初めてキャッシングを利用した時の事を思い出し、無理な借り入れはしないよう心がけています。